©Natsumi Sugiyama,2019

Catalogue Design

(un)sounds of Buchenwald

展示カタログのデザイン。ドイツ国内最大の強制収容所跡地を舞台にした「音」を手がかりにした異なる作品群を

記録する媒体。音声データが収まるUSBには、強制収容所跡地から拾ってきた枝葉が封じ込められている。

場の意味を想起させる小さな物証と、アートプロジェクトに込められた儚い望みはひとつの箱となり、旅をする。

The book is a container of thoughts and evidence of trials which young artists tried for the site specific project.
The usb stick compresses sound-works, and pieces of rose-leaves as physical evidence of Buchenwald Memorial Site.

Stories in the box travel the world with the package.

Edition 200,

Group exhibition catalogue of semester project,

MFA, Public Art and New Artistic Strategies, Bauhaus University Weimar